【幼稚園探しの前に】覚えておきたい、世界中の教育メソッド

【幼稚園探しの前に】覚えておきたい、世界中の教育メソッド

2020年5月1日
education

子どもに合った幼稚園を見つけたい」「子どもにとって、より良い教育をしてくれる幼稚園に入れたい」と、思い迷っている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

幼稚園は、その園によって教育方針や活動内容が違います。

特に最近では様々な教育メソッドを取り入れている幼稚園も多くあるので、幼稚園探しをする中で「〇〇メソッドを組み込んだ……」などの文章を目にすることもあるでしょう。

そこで今回は、幼稚園探しの前に覚えておきたい「世界中の教育メソッド」をご紹介します。

スポンサーリンク

モンテッソーリ教育

イタリアで生まれたモンテッソーリ教育について詳しくご説明します。

モンテッソーリ教育とは?

医師であり教育家であるモンテッソーリが、「子どもは、自ら自分を育てる力がある」ということを前提に考案した教育メソッドです。

モンテッソーリ教育が目指すこと

自立し、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てることを掲げています。

具体的な教育方法

子どもの発達を科学的に観察した上で、開発した教具を使用します。

子どもの意欲が出る環境を発達段階に合わせて適切に用意し、子ども自ら考えて取り組むことで学びにつながるという考えです。

先生や大人から一方的に教えるのではなく、子どもの「やってみたい」という気持ちを重視しています。

モンテッソーリ教育を取り入れる幼稚園の特徴

モンテッソーリ教育を取り入れている幼稚園は、モンテッソーリの教具を使用したり日常生活の練習として料理や洗濯をしたりすることが多いです。

【参考】

「モンテッソーリ教育とは」公益財団法人 才能開発教育研究財団

幼児教育の手法「モンテッソーリ教育」の普及を目指す、日本モンテッソーリ教育綜合研究所のホームページです。
sainou.or.jp

シュタイナー教育

ドイツで生まれたシュタイナー教育について詳しくご紹介します。

シュタイナー教育とは?

思想家であり哲学者であるシュタイナーが「人間形成」を目標に考案したメソッドです。

シュタイナー教育が目指すこと

一人一人の個性を尊重し、個人の持つ能力を最大限引き出すことを掲げています。

具体的な教育方法

芸術作業に重きを置いていることがシュタイナー教育の特徴です。

手足を使って活動する中で、子どもの能力を発展させていきます。

また0歳~7歳は「意思の力を育む時期」とし、遊びを通して身体を鍛えることで、自由でクリエイティブな創造性を育てています。

シュタイナー教育を取り入れる幼稚園の特徴

シュタイナー教育を取り入れている幼稚園は、芸術活動や手足を動かす活動をしていることが多いです。

【参考】

「シュタイナー教育とは」東京賢治シュタイナー学校

◇シュタイナー教育の特徴 シュタイナー教育とは、思想家であり哲学者でもあるオーストリア出身のルドルフ・シュタイ…
www.tokyokenji-steiner.jp

ヨコミネ式教育

日本で生まれたヨコミネ式教育について詳しくご紹介します。

ヨコミネ式教育とは?

「すべての子どもが天才である」「過保護が自立に影響を与えている」という考えを基に、横峯氏が考案したメソッドです。

ヨコミネ式教育が目指すこと

自ら考え、自ら判断し、自ら行動・実践するといった自立を掲げています。

具体的な教育方法

「読み・書き・計算」を通して「自ら学ぶ力」を身につけます。

また「運動神経の基礎は6歳頃までに固まる」という考えから、走力・泳力・柔軟性・体操を重視し、子どもの運動神経を高める教育をしていることもヨコミネ式教育の特徴です。

ヨコミネ式教育を取り入れる幼稚園の特徴

ヨコミネ式教育を取り入れている幼稚園は、ヨコミネ式体操やフラッシュカード・計算などを行っていることが多いです。

【参考】

「ヨコミネ式教育法」ヨコミネ株式会社

意欲・好奇心・やる気を育てることが、ヨコミネ式教育法です。
www.yokomine.jp

フレネ教育

フランスで生まれたフレネ教育について詳しくご紹介します。

フレネ教育とは?

教育家フレネが「教え込み教育ではなく、子どもを基点に」と、考案した教育メソッドです。

フレネ教育が目指すこと

子どもを主体とし、具体的実践を重視することを掲げています。

具体的な教育方法

大人が作ったテキストは使わず、子どもが自由に表現する「自由作文」を重視しています。

また学習は一人一人のレベル・リズムに合わせて行います。

そのため個々のタイミングに合うよう、あらゆる教材を手が届くところに置いていることもフレネ教育の特徴です。

フレネ教育を取り入れる幼稚園の特徴

フレネ教育を取り入れている幼稚園は、自由活動を重視していることが多いです。異年齢交流を大事にしていることから縦割り保育の園もあります。

【参考】

「フレネ自由教育とは?」ジャパンフレネ

https://www.jfreinet.com/educat/free001.html

コダーイメソッド

ハンガリーで生まれたコダーイメソッドについて詳しくご紹介します。

コダーイメソッドとは?

作曲家であり民俗音楽学者・教育学者であったコダーイが「幼い頃から良い音楽に触れることが大切」と考え、生まれたメソッドです。

コダーイメソッドが目指すこと

子どもが「音楽が共にある生活をするのにふさわしくなればなるほど、より幸せな人生を歩むことができる」と掲げています。

具体的な教育方法

わらべうたを声に出して歌うことを重視しています。

コダーイメソッドでは、「わらべうた」は大人が子どものためにつくった童謡とは異なり、子どもたちが遊びながら継いできた歌のことを指します。

また楽譜を読む練習として、音階のドレミ……などをハンドサインで行うことも特徴的です。

コダーイメソッドを取り入れる幼稚園の特徴

コダーイメソッドを取り入れている幼稚園は、わらべうたを音楽教育として入れていることが多いです。

【参考】「コダーイ・コンセプト」日本コダーイ協会

https://kodaly.jp/concept/

まとめ

以上、世界の様々な教育メゾットを挙げてみました。

我が家の場合、ヨコミネ式の園が近くにあったのですが、発育がゆっくりな娘には合わないかなと思いまして、普通の幼稚園に入園をさせました。

いろんな魅力的な教育方法がありますが、まずはお子さんの特性をよく考えて、その子に合った幼稚園を選ぶのが一番と思います。