アンチエイジングの基本はシミシワ対策から・今すぐできる対策を紹介

アンチエイジングの基本はシミシワ対策から・今すぐできる対策を紹介

cosmetics

「25歳はお肌の曲がり角」という言葉を聞いたことはありませんか?

実際20代後半に差し掛かると、徐々に肌は老化します。

いつまでも若々しい外見を保つためには、早い段階からのスキンケアが大事です。

具体的にどのような対策が必要か、今すぐできる方法をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

1.シミシワ予防の基本は紫外線対策

シミシワの原因とされるのが、紫外線です。日中外出する際には、日焼け対策をしっかり進める必要があります。

・日傘や帽子の活用

日中外出する際には、日傘や帽子などを使ってできるだけ日光に当たらないように対処しましょう。

ちょっとした外出でもこまめに日傘や帽子を使うことで、シミやシワリスクを長期的に見て軽減できます。

日傘や帽子は空から降り注いでくる紫外線はカットできます。しかし地面からの照り返しには十分な機能を発揮できないかもしれません。

この時おすすめなのが、バッグです。外出する際バッグに小物を入れて持ち運ぶ人も多いでしょう。これをお腹あたりで持ちます。

すると跳ね返りの紫外線もかなりブロックできます。

スーパーに行ったときビニール袋を持った時にもお腹の周辺で持つようにすると、浴びる紫外線量をかなりカットできます。

・パウダーファンデを使う

日焼け止めクリームを塗るのは、紫外線対策の基本です。

しかし人によってはクリームを塗ると肌荒れや吹き出物など、コンディションが悪化するという方もいるでしょう。

日焼け止めクリームはUVカット材が含まれているのですが、これが肌にとって強い刺激になっているようです。

もし肌荒れを起こすのであれば、代わりにパウダーファンデを使ってみましょう。

ほとんどのパウダーファンデには、日焼け止め成分が含まれています。

SPAやPAなどの表示がなくても、です。パウダーはリキッドと比較して、添加物も少なめです。

つまり肌に大きな負担をかけることなく、紫外線から守ってくれるわけです。

2.内部からの対策も

アンチエイジング対策と言われると、美容液や化粧水などを使ったスキンケアをイメージする方も多いでしょう。

しかし内部からの対策も同時に行うことで、より大きなシミシワ対策ができます。

内部からの対策、それは食べ物です。

シミやシワをできにくくするといわれている食べ物をいくつか紹介しますので、これからの食生活に積極的に取り入れてみてください。

・タンパク質

タンパク質は欠かせない栄養素といえます。

肌をはじめとして、私たちの体をつくる原料になり栄養分だからです。

肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などに多く含まれています。

アンチエイジング対策のためにたんぱく質を摂取するなら、魚介類がおすすめです。血液をサラサラにするDHAやEPAも豊富に含まれているからです。

・ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があるといわれているので、アンチエイジングにはおすすめです。

肌の老化は肌細胞の参加によって引き起こされるといわれていて、この酸化を防ぐからです。

その他にも血流をよくすることで、肌のターンオーバーを促す作用もあるといわれています。

ナッツ類やウナギ、カボチャなどに多く含まれている栄養分です。

先ほど紹介した紫外線から肌を守る効果もあるといわれていて、注目を集めています。

・ポリフェノール

ポリフェノールも抗酸化作用があるといわれているので、いつまでも若々しい肌をキープできると考えられています。

植物性食品に多く含まれていて、トマトやナス、キノコ類、海藻類、ブドウなどが代表的な食材です。

3.まとめ

いつまでも若い外見で保ちたいと多くの人が思っているはずです。

エステに行ったり、高級化粧品を使ったりしなくても普段から気を付けるべきポイントを押さえていれば、シミやシワも作りにくいです。

上で紹介した方法をさっそく取り入れ、アンチエイジング対策をしてみませんか?