【書評】心療内科医が教える疲れとストレスからの「回復ごはん」姫野友美(著)

【書評】心療内科医が教える疲れとストレスからの「回復ごはん」姫野友美(著)

book

書籍の紹介です。心療内科医が教える疲れとストレスからの「回復ごはん」姫野友美(著)を読みました。

この本は、心と体の健康を、食事から考える本です。

著者の姫野友美先生は、私の主治医でもあり、TVにも多数出演していらっしゃるお医者さんです。病院で本が出たことを知って、購入しました。

スポンサーリンク

心療内科医が教える疲れとストレスからの「回復ごはん」姫野友美(著) の大まかな内容

ざっくりした内容は、主に20代30代の働く女性向けの本です。様々な心身の不調を栄養面から考えて改善していく方法が書かれています。

栄養理論といった内容で、20代30代だけでなく、すべての年代の女性に有益だと思います。

大きく分けると、心身の栄養には、

  • タンパク質
  • ビタミンB
  • ビタミンC

を摂取することが大事で、食事の工夫、マネしやすい改善の方法などが記載されていて参考になりました。

脳内伝達物質のしくみや、体の作られ方などもわかりやすく解説されています。

後は、ビタミンDなどのその他の栄養素の働きにも触れられています。

女性に限らず、すべての人にとってこの本を読んで損はないと思います。わかりやすい文体で、栄養の基礎的なことがしっかり網羅されています。

心療内科医が教える疲れとストレスからの「回復ごはん」姫野友美(著) を読んだわたしの感想

「回復ごはん」を読んでみた感想は、私は長年姫野先生に見ていただいているので、先生の提唱している食事療法、栄養療法の内容の振り返りができました。

ただ、実践することが私は伴っていないので、ついついお菓子をたべてしまったりなので、せめて今からプロテインを飲んで、タンパク質のアップに努めたいと思います。

夜の糖質を抜くことも始めたいと思います。

繰り返しになりますが、すべての年代の女性にとって有益な本だと思いますので、マンガも交え、文章も平易に書かれていますし、お勧めの本です。

サクッと読めて栄養についての基礎知識がつきます!